顔全体のバランスを考えて薬剤を注入しています

サイトメニュー

作用機序と薬剤について

整形

エラの張りをなくしスマートになる

エラの筋肉が発達している事で、エラが張り顔が大きく見える事があります。その際はダイエットしても小顔になる事はありません。筋肉が原因なので筋肉を小さく痩せさせる事が必要ですが、エラの筋肉は咬筋と呼ばれる咀嚼に必須です。努力ではどうしようもない問題ですが、筋肉が原因の場合はボトックス治療が適しています。咬筋は食事の際に使用される筋肉なので、生きている以上必ず使用されます。筋肉は使用される事で発達しますし、使用しなかったら小さくなります。使用を控える事が難しい咬筋ですが、ボトックス治療により筋肉の緊張を緩和し使用を控える状態にできます。その際も食事の際や日常生活に支障が起こらない様に調整しながらです。それにより普段通り生活しているだけで使用を控えられている咬筋は徐々に小さくなり、結果エラの張りが治まりスマートな小顔を得る事ができるメカニズムの治療です。この様に普段通り生活していながら自然と不必要な筋肉の過緊張を緩和できるボトックス治療は、美容整形外科等で自費治療として受ける事ができます。美容整形外科はアフターケアも充実しており、違和感や効果が思った様に現れない際もすぐに相談できる体制を整えています。効果が現れるのは1か月程で、効果期間は半年なので元に戻したい場合は放っておくと自然と元通りになります。

小顔ボトックス治療は、ボトックス治療ができる美容整形外科等で受ける事ができます。小顔目的で受診し、この治療法に該当する際は医師より提案を受けられますが、薬剤であるボツリヌストキシンの選択を言われる事もクリニックによってはあります。ボトックス治療では必ず使用される薬剤はボツリヌストキシンのみです。種類は1つしかありませんが、この薬剤にはアメリカのアラガン社製と各国の試薬会社が製造するジェネリックが存在しています。クリニックによって扱っているジェネリックは異なりますので、興味がある際は十分な説明を求める事が大切です。ジェネリックは正規品と同成分同効果なので、安全性も問題ないとされています。施術を受ける事で小顔を目指す事が当然可能です。しかし信頼性については正規品が勝り、正規品のみ厚生労働省が安全性を認めています。世界中でも正規品はアラガン社製なので安全性を優先する際は正規品を選択する事になります。ジェネリックも製造国の安全基準を満たしているので市場に出回っているのですが、国毎に安全基準が異なります。ジェネリックは日本の安全基準とは異なるので、厚生労働省は認めていません。ジェネリックは薬価が安いので治療費自体正規品より安いメリットがあります。

Copyright© 2019 顔全体のバランスを考えて薬剤を注入しています All Rights Reserved.