顔全体のバランスを考えて薬剤を注入しています

サイトメニュー

美容上の悩みが筋肉の場合

カウンセリング

顔が大きく見える際の美容治療方法

顔が平べったく大きく見える要因には脂肪や骨格がありますが、咬筋というエラの筋肉が発達している事も原因の1つです。この筋肉が原因である場合、ボトックス小顔治療が効果的です。ボトックス治療はボツリヌストキシンと言う天然のたんぱく質を注入するだけの治療方法です。注射器を使用し注入しますが、その針も非常に細く傷跡が残る心配もありません。メスを使用しないので施術後に他者の目を気にして隠す必要もなく、施術後は普段通り生活を送っているだけで自然と小顔になっていきます。この小顔ボトックス治療は一般の病院では受ける事が難しく、美容整形外科クリニックや美容クリニックで受ける形になります。注射器で注入する事は医療行為なので、当然医師が施術を行います。医師が施術するので一見保険が適応されると考えられますが、保険適応になるのは疾病の治癒に対する治療のみです。小顔になる為ですと美容目的になり、疾病の治癒目的ではないので保険適応外になります。保険適応外なので施術費用は1割から3割の負担になり、状態や注入量にもよりますが全国平均で1部位3万円程必要です。しかし自由診療の治療の場合は、保険適応ではできない割引等を設ける事も自由です。期間限定や初回キャンペーンを実施している場合、より費用を安く抑える事も可能です。

小顔ボトックス治療のボツリヌストキシンの注入場所はエラです。エラの部位にある筋肉は咬筋と呼ばれ、食事時に咀嚼する際に使用される筋肉です。日常的に使用する筋肉なので、その部分のみ筋肉を小さくする事は不可能です。それを実現できるのが小顔ボトックス治療です。筋肉を小さくする為には使用をしない事ですが、咬筋は生きる以上必ず使用しなければなりません。ダイエットではやり方によりますが脂肪と一緒に筋肉量も減りますが、狙った部位の筋肉を小さくする方法はありません。結果ダイエットに成功し脂肪を落とせて痩せても、咬筋はそのまま残り顔だけ大きく見える様になります。この様に脂肪ではなく筋肉が原因で大きく見える事が美容上の悩みの場合、自身の努力だけではどうしようもない事がほとんどです。それを注射するだけで叶える事ができるボトックス治療は、手軽で副作用のない事から手術治療よりも多く選ばれています。注入する事で日常生活に支障がない程度に、咬筋への脳からの伝達信号を抑制します。使用を抑えられた状態になり、使用をしない筋肉は徐々に痩せていく事になります。それにより咬筋が小さくなり、エラの張りがなくなり小顔になれます。ダイエットしても顔が大きく見える場合は、この様に筋肉が原因である可能性があるので気になる場合は美容クリニック等で原因を確認するとよいでしょう。

Copyright© 2019 顔全体のバランスを考えて薬剤を注入しています All Rights Reserved.